< Back
< Back

既存のRedshiftテーブルの DISTKEY/SORTKEY の変更方法

Redshiftでは既存テーブルのDISTKEY、SORTKEYやENCODEなどの特定の属性を変更することはできません。
次のステップを実行することで、FlyData Autoload や FlyData Syncを起動している間にも、それらの属性を安全に変更することができます。

ALTER TABLE test_table RENAME TO old_test_table;
CREATE TABLE new_test_table([new table columns]); -- 新しい属性を指定してください
INSERT INTO new_test_table (SELECT * FROM old_test_table);
ALTER TABLE new_test_table RENAME TO test_table;
DROP TABLE old_test_table;