< Back

同期したいテーブルを追加するにはどうすればよいですか?

すでにFlyData Syncでの同期が実現された環境において、同期したいテーブルを追加する場合、インストールされているFlyData Agentのバージョンによって、少し手順が異なります。

下記の手順に沿ってご対応ください。

※ FlyData Agent のバージョンは下記のコマンドで確認できます。
$ flydata version

FlyData Agent 0.2.30以上をお使いの場合

FlyData Concoleにログインし、データエントリに追加テーブルを追記します。
FlyData Console ダッシュボード

# ローカルのコンフィグファイルに追記する場合は、~/.flydata/confs/flydata_sync_mysql.conf に追加します。

FlyData Agent を停止します。
$ flydata stop

追加するテーブルのDDLを生成します。
$ flydata sync:generate_table_ddl
このコマンドを実行することで、データエントリに追加された新しいテーブルに必要なSQLがすべて生成されます。

出力されたDDLをRedshiftにて実行してください。

FlyData Agentを再開します。
$ flydata start
* 起動時に、追加されたテーブルについて、初期同期を行うかどうかのプロンプトが表示されます。

FlyData Agent 0.2.29以下をお使いの場合

FlyData Agentのクライアントキャッシュをすべて送信します。
$ flydata sync:flush
実行後FlyData Agentプロセスは停止します。

追加するテーブルのDDLを取得します。
$ flydata sync:generate_table_ddl table01 table02
複数のテーブルを追加する場合、スペースで区切ってください。上記例はtable01とtable02を指定しています。

出力されたDDLをRedshiftにて実行してください。

FlyData Concoleにログインし、データエントリに追加テーブルを追記します。
FlyData Console ダッシュボード

追加するテーブルを指定して同期コマンドを実行します。
$ fldyata sync table01 table02

以上です。
FlyData Agentのその他のコマンド、使い方については下記のドキュメントをご参照ください。

FlyData Sync Agentの使い方